スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | -
entry_bottom
現代にっぽん社会をサバイバルする思考法
昨日は、T先生@算数脳 への取材でした。 

今回の企画は、まだ生煮えだけど、 
【現代にっぽん社会をサバイバルする思考法 】
てな方向性で行くことになりそう。

けっこう面白い話がいっぱい出て来たので、 取材メモからいくつか抜粋してご紹介。


○頭の良さは、学歴では測れない。 
・・ということを実感しつつも、ある程度の確率で"当たる"ものとしては、ひとつの指標となり得る。 

○指示を与えた時に、それが「そもそも何を目的にしているのか」を意識しながら動ける人と、言葉の表面だけしか意味をすくい取れない人では、社会の見え方そのものが違う。 

○デキナイ人at会議:お行儀よくお客さんのように座っていれば良いと思っている。話されている内容に対して頭や心が働いていない。 

○ほんの一言でも鋭い意見が言える人と、いくら喋っても聞く気になれない人がいる。"口下手" と "話が下手"は違う。話が下手なのは、どこかで聞いたことを右から左へ受け売りしているだけだから。口数の多さは頭の良さを測る指標にはならない。 

○正しいことを言えばよいわけではない。自分なりに深めたものが求められている。 

○「自分の方が正しい」ことを証明しようとしはじめると、論理性が破綻する。どちらが正しいかにこだわるのはエゴでしかない。 

○「正しいことを言おう」とすると、自分自身からずれていく。結果、言葉の上っ面にしか反応できないようになる。 

○ぱっとわかったようなことを言うコンサル風の人も要注意。本質をつかまないまま、抽象的に物を言って終わりにする習慣がついている可能性。 

○"明るい・暗い"と "仕事ができる・できない" は関係ないが、しゃしゃり出ないタイプの人は埋もれがちになるので、良さを発揮できるチャンスを捉えるよう虎視眈々と狙うべし。 

○必要な能力は2つ。「見える力」と「詰める力」。 

○デキル人の背景には、何かに夢中になった過去が存在する。どれだけ本気で夢中になったか、本気具合が勝負の決め手。 

○「夢中になる」には次の内容が含まれる:1/時間をかけている 2/活動している 3/その良さ(面白さ)を自分なりに言語化できる 

○本質をつかむ能力・・・トレーニングで向上させることが可能 




あ、それでそれで、もし何か感じたこととか、この辺はどうなの?みたいな疑問とか、ここの話をもっと詳しく!というご要望とか。 
あったら、ぜひともコメント欄で教えてください!!  

企画の参考にしますーーーーーーーー m(_ _)m 
オシゴト | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | - | - | -
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://himetbw.jugem.jp/trackback/22
TRACKBACK BOTTOM
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
recent_entry
archives
PROFILE
book shelf
プーペガール
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
*★*―――――*★*―――――*★*




LINK
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINK
MOBILE
qrcode
search